人気の品種

2000年頃から、じわじわと贈答用のアイテムとして人気が高まっている胡蝶蘭。白くて華やかな印象のある花は、結婚式や開店祝いで見かけたことがある人もいるでしょう。実は、胡蝶蘭が贈答用の定番になった理由は、ソーゴユキディアンの誕生が関係していると言います。

 

ソーゴユキディアンは大輪系の胡蝶蘭です。お祝いごとにふさわしい肉厚でボリュームある花びら、開花時に向きが揃いやすいという美しさ、開花しやすく生産が安定するという事情など、さまざまなメリットがあります。一大原産地・台湾で、長きにわたる品種改良の努力の末に、ソーゴユキディアンが誕生しました。

 

一般的には、ソーゴユキディアンよりV3のほうが知名度は高いかもしれません。V3と呼ばれるようになった由来は、この品種を作るためのフラスコの製造番号がV3だったからです。市場ではV3という名前で出回っていることもあります。

 

ソーゴユキディアンの花びらは、最大で14cmにまで成長します。また、シャープで角張った形が特徴的な品種です。お祝いの場に置いてあると、それだけで華やかな雰囲気が出るはず。凛とした雰囲気の胡蝶蘭をお祝いで贈りたいときは、ぜひソーゴユキディアンを選んでみてください。