胡蝶蘭を贈る前に

「幸福が舞い込んでくる」という花言葉を持つ胡蝶蘭。贈答用にもピッタリな花です。しかし、どのような品種を選び、いくらの金額のものを贈るのが適正なのか、お悩みの方もいるのではないでしょうか。せっかくのお祝いごとに贈るなら、センスがよいと思われたいものです。そこで、当サイトでは、胡蝶蘭で人気の品種と価格のポイントをご紹介します。

 

一番人気の品種はソーゴユキディアン。台湾で誕生しましたが、見栄えのよさと育てやすさが人気の理由です。V3と呼ばれることもありますが、肉厚でボリューム感のある花びらは、贈答用にピッタリ。シャープで角がある見た目は、力強さや凛とした雰囲気を感じさせると思います。2000年頃に誕生しましたが、今ではお祝いごとに欠かせません。

 

胡蝶蘭を贈るときの価格のポイントは、相手との関係性とのバランスです。法人同士のお付き合いと個人同士のお付き合いでは、相場となる金額も変わります。たとえば、移転祝いで相手に対して見栄えのよいものを選ぶなら、5万円前後の胡蝶蘭を選ぶようにしましょう。派手な見た目が他の人の目を引き、結果的に新たな仕事につながったというケースも珍しくありません。

 

胡蝶蘭選びはあなたのセンスやマナーの有無が出ます。せっかく贈るなら相手に喜んでもらえるほうがよいでしょう。当サイトでは、贈答用の胡蝶蘭選びに関する情報をまとめました。身の回りでお祝いごとが控えている方は、ぜひお役立てください。